海外から流れてきた情報を見ていたら、アメリカ獣医師会が安楽死として容認している方法に抗議してほしいという文字が目に飛び込んできました。
Protest AVMA’s “Acceptable” Forms Of Euthanasia
http://www.kinshipcircle.org/digest/2007_12.html#anchor7
銃殺とか、ちょっとびっくりしてたんですけど、やっぱりそうなんですね、そりゃそーですよね。
げっ歯類やウサギの断頭についても、「脳の電気的活性が断頭の後13~14秒間持続することが証明されたにもかかわらず」って書いてあります。
ひぇ~~! 13~14秒ってけっこう長いですよね、首痛いとか、体動かないとか思う時間は十分ありそうじゃないですか!?
論拠は、1988年のラットの実験のようです。(;;)

http://www.avma.org/disaster/responseguide/F_euthanasia.pdf