早い段階で化粧品の動物実験禁止が実現していたイギリスですが、なんだかすごいな・・・と思うのは、医薬品の安全性試験に関しても、すでに議会で、動物実験ではない手法についてきちんと評価するようにという動きがあるみたいなんですよね。(そして、動物実験についても、科学的に意味のある手法なのか評価しろと。)
これは、「医薬品安全性(評価)法案」と訳したらよいのでしょうか、”The Safety of Medicines (Evaluation) Bill ”という法案が、今年の1月にイギリスで提出されています。(超党派です)
EDM569 SAFETY OF MEDICINES:
http://edmi.parliament.uk/EDMi/EDMDetails.aspx?EDMID=37603&SESSION=899
法案PDF:

クリックして2009050.pdfにアクセス


ただ、「Early Day Motion(EDM)」というのは、議員の意見表明や、特定テーマへの注意喚起などのために下院で出される動議らしく、実際に審議されることはあまりないもののようです。議員の署名がどれだけ集まるかで支持の度合いを計る目的があったりするらしいですが、今日現在で225人の下院議員が署名しているので、だいたい3分の1くらいが賛同しているということでしょうか。驚きですね~。これは、現在2000件以上提出されているEDMのうち、16番目に署名議員数が多いそうです(10月15日の情報)。
EDMは、実は2005-2006年の議会のときにも出されていて、そのときは250人の議員の署名が集まっていたようではあるのですが。(それにまあ、実にいろいろなテーマでたくさんの動議が出されていますね)
http://edmi.parliament.uk/EDMi/EDMDetails.aspx?EDMID=28280&SESSION=875
現在、会期末へ向けて、Safer Medicines Campaignが、「地元の国会議員に署名するよう働きかけをしてください」というキャンペーンをやっています。
http://www.safermedicines.org/safetyofmedicines/index.shtml
http://www.safermedicines.org/news/090126.shtml
今年1月の報道です:
Human alternatives to animal testing should be investigated, MPs say
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/4339504/Human-alternatives-to-animal-testing-should-be-investigated-MPs-say.html