世論調査といえば、イギリスの大手調査会社Ipsos Moriによる例年の調査結果がPDFでアップされているようなのですが、検索してもリリースや記事が出てきません…。
イギリスのビジネス・イノベーション・技能省(なんつぅ長い名前になったんだ)とNC3R(国立3Rセンター)がスポンサーのようで、両サイトも検索したのですが、出てきません。レポートは今年の3月29日付ですが、調査は2010年です。
仕方ないので、PDFに直リンします。
Views on Animal Experimentation (BIS research)
Alternatives to Animal Experimentation (NC3R research)

Volume 1 – report

クリックしてSRI_HEALTH_BIS_NC3Rs_combined_animal_experimentation_2011_FINAL_report_PUBLIC_110411.pdfにアクセス


Volume 2 – technical report and data tables

クリックしてSRI_HEALTH_BIS_NC3Rs_Volume2_TABLES_PUBLIC_11.pdfにアクセス


動物実験に反対の人は、前年度比で微増しているとはいっても、HLSのキャンペーンがはなばなしくされていた頃に比べれば落ちているし、隠す必要もないと思うのですが。
イギリス成人の17%が、「政府はあらゆる動物実験を禁止するべきだ」という意見に「強くそうおもう」「まあそう思う」と答えていたとしても、前年からは1%下がっているし。
あ、でも「いかなる動物実験も支持しない」という意見に同意すると答えている人は、4ポイントアップですね。でもたった30%だし。
うーん。
ちなみに、2010年に公表されたバージョンはこちらです。
Views on Animal Experimentation
http://www.ipsos-mori.com/researchpublications/publications/1343/Views-on-Animal-Experimentation.aspx