決して、今、ヒマではないんですっ。。。
でも訳あって、こんなことをやってしまいました。
厚生労働省の研究機関版・インターネット上での動物実験についての情報開示状況
https://www.nezumi.info/pubinfo_mhlw.htm
せっかく動物実験の指針に「適切な方法によりで情報公開すること」とあるので、インターネットで公開されているかどうかを見てみました。もちろん、公開する方法は決まっていないので、ネット上で別に公開していなくてもいいわけですが、どのように公開しているかで指針を守ろうという心意気がわかるのではないか!?と思ったわけでございます~
(でもあんまり心意気は感じなかった。むなしい作業だった。しくしく……(:_;) 「時間の無駄」という言葉さえ頭によぎった。。。)
情報公開のところに「動物実験」というくくりがあれば一番わかりやすいですが、そうなっているところはなかったですね(^^;;
動物管理室とか動物実験委員会のページがあるところは比較的情報が載ってる感じですけど、でも意外と見つけづらかった……。年報とかに載っているのはもっと探しづらいですけど、でも年報とか事業報告書とか評価書とかに載せるのは妥当な公開方法かな~?という気も。
でも……当然ですけど、たくさん動物使ってるところのほうが充実してますよね orz 
(×が多いのと少ないのと、どっちを評価すべきか判断に迷ったりして~~(苦笑))